大阪29年、東京一ヶ月、まだまだ大阪派

大阪で生まれ育ち29年が過ぎ、結婚して東京に来て一ヶ月が経ちました。大阪も都会だという自負があり、他の都道府県より若干のプライドを持って東京入りしました。が、一瞬でへし折られました。人の多さ、電車の多さ、駅のでかさ、すべてにおいて比になりません。逆に大阪はなんて住みやすいのだろうと思い、早くもホームシックです。新婚生活は満喫してるものの、この大都会東京を快適だと言って過ごせるようになるにはまたまだ時間がかかりそうです。というわけで、わたしは住むなら大阪が良いです。

どこでも住めるとしても、やはり生まれ育った大阪がいい

やっぱり生まれ育った街の大阪が1番。家族、友人、知人、人がいるのは大阪です。どこにいても何でも手に入る現代だから、正直住むにはどこでも良いです。幸い、大阪という土地は日本2番目の都市です。ある程度都会で、人もお店も程よいバランスで住みやすい。コンパクトで神戸や京都へのアクセスも良いし、郊外にいけば自然もある。こんなに住みやすい場所はありません。自分の住む場所は自分で決められます。だけど家族や友人の住む場所は決められません。だからわたしは大阪に住みたいです。

やっぱり東京でしょう。

大阪人はキャラが強そうなので、なじんでいけるか心配です。東京は他人に干渉しないというイメージと、地方から来た人も多く住んでいる感じがするので受け入れる間口が広そうです。仕事はいろいろありそうですし、住むところも高い所から安い所まで幅が広そうですし、とりあえずは困らないかな?というイメージがあります。仕事と住むところが決まれば、遊ぶところは困りませんね、きっと。ただ、北海道から移り住むと、気温と湿度になじめるかがかなり心配です。大阪は独特のノリと笑いのテンションに気後れしそうで住むのは無理です。でも大阪には美味しいものがたくさんありそうで、ちょっと惹かれます。

オーストラリアに惹かれます。

私の場合、気候と食事が重要です。オーストラリアには一度行きましたが、湿度も低く過ごしやすかったように記憶しています。日中の日差しが強い時間帯は室内で過ごし、夜に出歩いてました。夜の街も観光地だからでしょうか、とてもにぎやかで楽しかったです。食事は今住んでいる北海道と、あまり手を加えず素材の味を楽しめる点がとても似ていて、魚介もお肉もとても豪快で美味しかったです。自分で料理する場合もそんなに困らず、今と似たような材料が手に入りそうです。食事の内容がまったく変わってしまうとちょっと辛い感じがしますが、現状と新しいものを取り入れながらの食事なら、住んでいても苦にならないように思います。あの開放的な街並みで暮らすことができたら、素敵ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ