30代のころは、広い南プロバン風の家に住みたいと思っていたが、

40代になった今、2階に上がるのがおっくうになってきた。子供も大きくなってきてあと数年で自立するだろう。今は、平屋の家に憧れる。そうじも一階で終わるし、階段の登り降りもない。家事導線を考え、コンパクトでバリアフリーで、生活するのに優しい電化住宅がよい。年代ごとですむ家も住みやすい家にしていかなけばならない。冬は寒いので浴室に暖房があるといい。庭は小さな畑がしたい。広くて豪華な家も良いが、そのぶん維持をしなければならない。掃除も大変だか、3人が住むのにそう広い家は必要ない。

今は借家の一軒家に住んでいますが、かなり古いです。

築40年は過ぎているそうです。

だからこそ、住み替えたくて仕方ありません。

夏は暑く、冬はかなり寒いです。

今は前向きに検討していますが、どんな家に住みたいか、今より新しければ、まずは問題ありません。

そして、リビングダイニングが繋がっているといいなと思います。古い家は部屋ごとに別れているので。

クローゼットがたくさん備え付けてある家がいいです。

大人の服はほとんど無いのですが、子供服が増える一方なので、収納スペースはたくさん欲しいです。

そして、お風呂は家族で入れるくらい、広く大きいお風呂がいいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ