宝くじが当たったときの私の夢は

もしも、幸運にも5億円が当たったら、夫も私もすべての仕事をまずやめます。
そしてすぐに北海道に土地を買い、トレーラーハウスも2台買います。さらに、そのトレーラーを牽引できる車も買い、車の免許もとり、旅の支度にとりかかります。北海道一周をかわきりに、日本中を旅するのです。
日用品はもう一台のトレーラーハウスに残して、出発です。家ごとの移動なので、キャンプ場での寝泊まりや山や川、海辺での野外宿泊になりますが、きれいな星を見ながら美味しいものをいただいて、温泉三昧、贅沢します。
もちろん、日本に飽きれば海外でもトレーラーハウスを購入し、旅に出ます。世界中の旅の始まりです。
子どもにも2億円は残したいと思います。

5億円で不動産投資をすると言われたら

全力で反対します。今の時代、投資は失敗に終わることも十分に考えられるからです。
もっと増やすために新たなビジネスは起こさず、5億円はそれまでの人生のご褒美であることを相手に伝え、夫婦で、家族で確実に今を満足できることにお金を使うようにしたいです。人間いつ死ぬかわからないからです。
5億円が二人で当てたものならば、半額ずつ折半をして、お互いにやりたいことをする方法もあります。その時は、5億円がもとで離婚になってしまう可能性もありますが、お互いの幸せのためだと結論づけば、仕方のないことと思います。
お金の影響力とは、本当にすごいものだと改めて思います。

 
まずは堅実に貯金をして、後は存分に豪遊する

まずは現実的に貯金ですね。家族のそれぞれの銀行口座に5000万円ずつ入れます。中学高校大学、好きなことを思い切りさせてやり、留学も何年でも行かせます。子どもの教育費には糸目をつけずどんどん使います。それでも2億円なのでまだ3億円余ります。子どもが結婚した後の土地と生活費もよけておけますね。子どもの貯金は一億ずつでもいいかな?と思います。
住宅ローンを一括返済して、車を二台とも買い替えます。それでもまだまだ余りますね。自分の両親ときょうだい、いとこを海贅沢な海外行に連れて行ってあげます。勿論、罰が当たるくらいに贅沢な旅にします。毎年海外旅行へ行き、家も建て替えますし、別荘も持つかも。老後は子どもに迷惑をかけないように高級老人ホームに入ります。
あとは、残りの人生を派手に生きて、最後は寄付をして人生を終えたいです。

全額を不動産投資につぎ込むのは絶対NG

たくさんお金があっても仕方ないので運用したほうが絶対に良いと思うので投資自体には賛成します。ただし、全額というところでには違和感があるので、もめるかもしれません。
5億円もあるんだから不動産投資しても良いとは思うのですが、5億円全部となるとリスクが大きすぎます。全額は反対です。半分か3億までなら考えます。
もともと大金持ちで金銭にゆとりがあるのだったら、反対しないかもしれませんが、そんな状況でない限りは基本的には反対するはずです。
でも、その投資が必ずいい方向へ動くと予測されるものであれば、旦那に任せても良いのかなとも思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ