まずは定番の借金を片すことからはじめます。

まず、住宅ローンなどの借金を返済します。これは誰でも考えるのではないのでしょうか。次に欲しい物の購入になりますが、お金が貯まったら買おうとしていた電化製品を買います。我が家では録画のできるDVDプレーヤーがないので、それとヤマハのサラウンドシステムを買ってTV周りは終了。空気清浄器もないので2、3台を購入。デスクトップパソコンとプリンターも欲しいので、この2つも購入。車載の空気清浄機も欲しいので購入。炊飯器もずっと使い続けているので、美味しく炊けそうな炊飯器も購入。あとは家のメンテ系ですが、IHプレートを新調して換気扇も業者に清掃してもらいます。とりあえず直近で使う用途はこれくらいで、あとは潰れない会社の株を1000万くらい買いますね。配当で生活できる将来を願って。

全額投資はありえないと全力で反対します。

確かに不動産投資は当たれば大きいです。東京オリンピックに向けて、東京近郊の不動産投資をして儲けが出そうなのは分かります。しかし、よほどのバカでない限り、全額の投資はしないと考えます。例え5億が10億、20億になる将来があったとしても20億儲けたら、またその20億を全て不動産投資に回すことになると思います。投資の全てに天変地異に弱いという側面があります。大地震が起こって全てがパーになることも十分考えられます。大地震により、お金を持っていても解決できないことは多々あると思いますが、全てを失うよりはマシだと思います。

宝くじ5億円があたったら購入するもの

1軒屋自宅と別荘、アパート経営、キャンピングカーを購入する。まず、自宅に関しては、今は賃貸物件に住んでいるので、庭付平屋の一戸建てを購入して、自分がイメージしている川沿いのデッキテラス付きの自宅とし、キャンピングカーを購入し、移動しながら現地の情報をブログにアップし、その土地土地の美味しいものを紹介して全国を旅行する。キャンピングカーで行脚した情報から、自分に最適な温泉付き露天風呂を標準装備した平屋の別荘を購入したのちに、アパート経営に乗り出すべく、大手の不動産業者に相談をする。

不動産投資は絶対にやめさせる

投資は自分のものになる可能性が低く、一過性のものなので、バブルのように社会情勢で価値が下落する可能性が高いから、堅実性の高いアパート経営に説得してシフトさせる。
また、投資に関しては、運用する会社は、金を集めていくらという会社がほとんどなので、美味しい事だけ言っても
その後の対応は大体が手を返したような対応となる。何故なら、彼らの口上は、絶対とは言いませんが、可能性は大ですと言うのがほとんどと、甘い言葉で投資家を募り資金を集めるのが仕事。だから、不動産投資に失敗した、騙されたという話が、メディア経由で世間に流れるのである。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ