宝くじで1等5億円が当たったら図書館建設の資金にしてもらう!

私が住んでいる地区には、広い図書館がありません。あるにはあるのですが、狭くて暗い図書館なんです。5億円で作れるのかわからないのですが、広くて、ゆっくりと読書ができるスペースがたくさん用意されて、日中の日差しが室内にも差し込んで明るい室内に。小さな子どもと一緒に来ても、少々騒いでも気にしなくていい子ども専用の場所を用意して、貸し出しは市民限定にせず周辺地区の方にも貸し出しできるような仕組みに、寄付をする私の希望をほぼ取り入れてもらった図書館になれば嬉しいです。そんな図書館ができれば毎日通いたいです。

 
もし、パートナーが宝くじの当選金を不動産投資につぎ込むと言ったら私はどうするか

当選したのが私だったら当然私の使い方を中心に考えたいけれど、パートナーの意見が不動産投資をしたいというのならば、一度不動産投資の勉強をして考えてみると思います。高い買い物になるのでかなり慎重に考えていかないと後から大損したり、税金の支払いに苦労したり、すぐに手放さなければならないような事態になりかねませんが、将来性を見込んでの不動産投資は何か他のものに投資するより現実的であり、将来に渡り収入を見込まれるので私の意見もしっかり聞いてもらえるのならば考えたい投資であると思います。なので反対はしないと思います。

欲しい物が沢山ありすぎて悩みます

もし宝くじで5億円が当たったらと考えると、欲しい物が沢山ありすぎて悩んでしまいます。
まずは新車を購入します。今使っている車がかなり古い物なので、そろそろ買い替えなければと思うも、車を買うのにはとても大変です。欲しい車は軽の安い車でいいのでせめて新車に買い替えたいです。
そして、大型バイクの免許を取り、バイクを購入したいです。小さい頃からバイクに乗るのが夢だったので、免許を取りバイクを買いたいです。
更に、小型の冷蔵庫を購入したいです。突然夜中に冷たい物が食べたくなる事がありますが、私の部屋には冷蔵庫が無いので冷たい物の保管場所がありません。スナック菓子の様な常温保存が出来る物は部屋に置いてあるんですが、冷たい物となるとさすがに難しいので、冷蔵庫が欲しいです。
5億円もあったら使い道に困ってしまうかもしれないですが、欲しい物をとにかく購入したいです。

そんな高級な場所に住みたくはないです…

仮に5億のマンションを購入したと考えたら、私は多分落ち付けないと思います。何故なら今の家の広さが丁度いいと思っているからです。
5億のマンションってどんな場所なのかと考えると、多分都会で最上階のかなり広い部屋というイメージがあります。そんな所に住んでいる自分が想像出来ないし、それよりも田舎の一軒家でのんびり暮らしたいし、マンションなんて私は欲しいと思いません。それよりも便利な物を購入したいです。
マンションを一個買ってしまえばそれで終わりですが、それから家電を揃えたりとするともっとお金がかかるかもしれないので、今の家で便利な家電を買ったり、美味しい物を食べたり、旅行に行ったりして楽しんだ方が私はよいと思います。なので、マンションを買うと言い出したら反対すると思いますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ